アメリカ 旅行 ∨

子連れでサンフランシスコ名所を観光!アルカトラズ島への行き方と見どころ

こんにちは、しゃいです。

先日子連れでサンフランシスコの大人気スポット「アルカトラズ島」を観光してきました。

アルカトラズ島は「脱獄不可能な牢獄」として、実際に刑務所として使われていた場所です。

島まるごとが刑務所の敷地になっていた「アルカトラズ島」は、国内外の観光客に大人気のスポット!

サンフランシスコへ旅行に行く際は必ず訪れたい場所です⭐︎

それでは実際に長男6歳、次男2歳を連れて観光した際の、行き方や見どころをお伝えします!

この記事でわかること

  • アルカトラズ島ツアーのチケットの買い方&行き方
  • アルカトラズ島の見どころ
  • 子連れで観光しやすいか
  • 子連れで観光を楽しめるか

アルカトラズ島ツアーのチケット買い方&行き方

アルカトラズ島のツアーチケットの購入方法は3つ

チケットは下記の3つの方法で購入することができます。

  • インターネットで購入する (公式サイト
  • 電話で購入する (コンタクトセンターTEL:+1-415-981-7625) 太平洋時間 9:00~17:00 年中無休
  • チケットブースで直接当日券を購入する (ブース営業時間:その日の最初のツアーの1時間前〜最後のツアー出発時)

一番おすすめなのはインターネットで事前に購入しておくことです。

スマホの画面にチケットを表示させれば入場できます。

当日券を購入したい場合は、直接ブースでの購入になりますが、

大人気のツアーなので、かなり朝早く(5時〜6時)に並ばないと売り切れの可能性が高いです。

子連れで朝早くから並ぶのは大変なので、インターネットで事前に購入しておきましょう!

ちなみにブースで購入する場合は、クレジットカードやデビットカードのみ使用可能で現金は使えませんのでお気をつけください

ツアー比較

DAYツアー(約3時間)

              

12-61歳  $42.15

5-11歳   $25.80

62歳以上 $39.80

4歳以下  無料

●最も人気のスタンダードツアー

●オーディオガイド付き

NIGHTツアー(約3時間)

              

18-61歳  $52.70

12-17歳  $51.55

5-11歳   $31.00

62歳以上 $49.00

4歳以下  無料

●島周辺を巡るボートツアー

●オーディオガイド付き

BEHIND THE SCENES ツアー(約5時間半)

               

18-61歳  $97.70

12-17歳  $93.55

62歳以上 $81.00

*ツアー時間が長いため、12歳以下は参加できない

●アルカトラズ島とエンゼルアイランドの二つの島を巡るツアー

●オーディオガイド付き

*価格は記事作成時(2023年1月)のものです。

価格が変更になることもあるので、予約時は公式サイトで価格を確認しましょう。

子連れにはスタンダードツアーがおすすめです。

個人的に4歳以下が無料なのは嬉しい!

フェーリー代、オーディオ代が全て含まれているので、アルカトラズ島についてからの料金は発生しません。

アルカトラズ島への行き方

アルカトラズ島までは、フェリーで行くことになります。

ピア33の横に、当日チケット販売所とフェリー乗り場があります。

フェリーの発着場所↓↓

購入したチケットの時間の、45分前には着くように行きましょう

フェリー乗り場の場所にアルカトラズ島について説明している模型があり、長男はそれを見て

●何で島の上に牢屋があるの?

●今も悪い人がいるの?

と今から行く場所に興味を示していました。

なので、我が家は1時間前に到着して、この模型を見てからフェリーに乗る列に並びました。

フェリーに乗る際ベビーカーも使えるので、赤ちゃん連れでも大丈夫です。

うちは2歳の次男をベビーカーに乗せたまま乗船しました。

フェリーの一番後ろにスペースがあり、そこからサンフランシスコの街が一望できますよ⭐︎

フェリーに乗って15分〜20分でアルカトラズ島につきます。

アルカトラズ島の見どころ

アルカトラズ島に到着!

着いたら、まずガイドさんから島の観光について5分ほど説明があります。

その後はみんな自由に回って観光できます。

メインの建屋でオーディオガイドをもらおう

まずはメインの建屋に入ってオーディオガイドをもらいましょう。

このオーディオガイドは多言語対応なので、日本語とスタッフに伝えて設定してもらいましょう。

館内を移動するとき、一般には階段になりますが、私たちはベビーカーを使っていたので、スタッフがエレベーターに案内してくれました。

アルカトラズ島の見どころ

早速メインの牢獄として使われていた建屋を観光していきます。

オーディオガイドが順番に説明してくれるので、どこかを見逃すことがないと思います。

とてもわかりやすい説明で、当時収容されていた人たちの様子が目の前に浮かぶ感じです。

ベビーカーを押しながら観光できます。

ここはシャワーのフロアになります。タオルや石鹸は配給されていたとか。

お湯はなく基本水でのシャワーだったようです!

優秀な収容犯は毎日シャワーを浴びることができたり、人によってシャワーを浴びる間隔が違ったようです。

長男はみんな同じところでシャワーを浴びるの恥ずかしいなぁと言っていました。

いろいろ感じることがあったようです。

3階建の牢屋が満室になるほど収容される人がいたそうです。

独房の様子です。

極悪人には別の収容スペースがあり、光や音が入らない部屋もあったとか。

脱獄不可能の牢獄と言われていながら、実は脱獄事件が起こっていて

その人たちが脱獄できたかは闇の中・・・

観光でガイドを聴きながらその脱獄物語もぜひお楽しみください⭐︎

長男もオーディオを聴きながら見て周り、脱獄事件についてたくさん質問してきました。

私の説明を聞いて納得したことで、さらに興味が湧いているようでした。

ここは厨房です。脱獄に使えそうな刃物などは、それぞれ見える定位置に置いていたそう。

メニューを改善したり、ご飯はどんどん美味しくなっていったようです。

メインの建屋を出て、周りの観光します。

ここは収容犯を監視する役人たちが、家族と住んでいた家です。

1963年に刑務所としての役目を終えた「アルカトラズ島」は、

アメリカの先住民インディアンに一時期占領されていたようです。

その歴史について説明している建物もありました。

まとめ:アルカトラズ島は子連れでも楽しめる!

アルカトラズ島へのフェリーでも、島内の観光でもベビーカーが使えたので、子連れでも観光しやすかったです。

6歳長男は、いろんな場所やこの島で起こった物語に興味を持って、私にたくさん質問をしながら観光していました。

感想を聞いたら「ちょっとだけ怖かったけど、楽しかった!」と言っています。

2歳次男はベビーカーに乗って周り見たり、あちこち走ってみたり、まだ本人は言葉では表せないですが、ワクワク感は伝わってきました。

家族揃って楽しめたスポットだったので、ぜひサンフランシスコに旅行する際は、アルカトラズ島に行ってみてくださいね〜

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-アメリカ, 旅行 ∨
-

© 2023 しゃいの子連れ旅ブログ